目の下のたるみ取り方

目の下のたるみのとり方

 

目の下のたるみは老け顔に見られてしまうので、とても怖いですね。

 

まぶたに現れるたるみは、NHKの「ためしてガッテン」でも紹介され、身体の不調のサインとされていました。

 

目の下のたるみも同じく老け顔になる一つの大きな要因ですよね。

 

そんなたるみをとる方法があるんです。

 

目の下のたるみは表情筋が衰えてしまうのが原因です。
でも、目の下に筋肉があるのか?って思うほど使う意識がないですよね。

 

でも、その目の下の筋肉が脂肪を支えられなくなることでたるみが発生するんです。

 

だから、エクササイズをしてしっかり筋肉を鍛えましょう。

 

ただし、ブルドックのような深いたるみの場合は、医学的な対処やダイエットが必要な場合がありますので、見極めが必要です。

 

たるみ解消マッサージ&エクササイズ

口の周りの筋肉は鍛え方によっては筋肉痛を引き起こしますが、目の下の筋肉は心配はいらないんです。
気軽に取り組んでください。

 

方法もとても簡単です。

 

○上まぶたを動かないように指の先で押さえる。
○下まぶたを動かして、目をゆっくり5秒間かけて閉じる
○左右10回ずつ行う

 

これ、利き目じゃないと結構難しいんですよ。
(利き手があるように、目も重点的に見ている方の目があって、それが利き目です)

 

1週間もすれば、慣れてきて、動きもスムーズになってきます。

 

目を押さえるので、クリームなどを塗ってから行った方がいいです。

 

目を強く押さえてしまったり擦ってしまったりすると、シワの原因になってしまいますからね。
目の周りの皮膚はとても薄いのでクリームなどを塗って優しく扱いながら行うのが無難です。

たるみ解消マッサージ

マッサージをするのが目の下のたるみ解消には効果的です。
マッサージは血行を促進し、新陳代謝を良くしてくれるので、肌が正常にターンオーバーできるようになります。
そのうえ、皮下脂肪のつきすぎも防止してくれます。
ただし、強くこするなど強すぎる刺激は逆効果になりますので注意しましょう。

 

たるみ解消マッサージ

 ・こめかみから目の下側にかけて中指の腹で軽く押すようにしていきます。
 ・目の下から、目の上を通ってこめかみまで続けます。
 ・こめかみに戻ったら、そこを少し指圧。
 ・目をぎゅーっと閉じたり、パッと開いたりを何回か繰り返します。

 

こんな少しの動きでさえマッサージの効果はバッチリあって、目の周りの筋肉を鍛えてくれます。
普段使わない筋肉を動かす動作、眉をあげたり、目元に力を入れたりすることも、目の下のたるみ解消に効果があります。

 

気をつけてほしいのは、皮膚が薄くて乾燥肌の人。
動きすぎるとちりめんシワの原因になることもあるので、そういった人はしっかり保湿をしてから行いましょう。
それに化粧水をつけるときに、目の周りのタッピングを合わせて行うと血行が良くなります。
あくまでタッピング程度で、強くこするのはダメ。
デリケートな目の下は、優しく扱ってあげてください。



 私が目の下のたるみ、ふくらみを改善した効果的な方法とは


目の下のたるみ、ふくらみは原因を知って対策しないと効果が発揮されないです。
 
原因を知って対策すると老化を遅くするどころか、今の状態を改善させることにも繋がりますよ。


老け顔に見られていた目のたるみ、ふくらみを3ヶ月で改善した私のやったこととは・・・

こちらから(サイトトップへ)